ここから本文です

>>196

お久しぶりですね。シマ君。

111.70と、110.60なら、悪くないのでは。

米長期金利は2.3%を底にもみ合っていますが、これをブレイクしても2.2%台で調整は終わると考えています。

つまり、前にも書いたとおり、ドル円で言うと109円程度です。

2%まで下落するというのは想定できる一番深い調整であって、確率的には低いでしょう。

下値は良いとして、上値ですね。

これも前に書きましたが、基本的に、金利を押し上げる大きな要因が無ければ、2.7%をブレイクするのは困難です。

下値が2.2~2.3%として、上値は2.6%程度でしょう。

ここまで我慢せずとも、115円付近で十分だと思います。

長く持つつもりでいるのであれば、更に上を目指すのもありですが、2.7%以上はいつ暴落してもおかしくない水準です。

2.7~3%まで上がる可能性はなくはないですが、滞空期間は非常に短く、120円をこえてもダウとともに暴落するでしょう。

つまりは、109円程度を底に115円までが通常のレンジ

118円が上限

120円以上は暴落ゾーン

という考えでいます。

資金に余力をもたせるのであれば、上で売りあがってもよし、下で買い下がってもよし、です。

今現状の相場観はそんな感じ。

金利が2.2%を割って2%まで落ちるというのはどちらかというと想定外シナリオですが、どのみちここで一回は反発するでしょう。