IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

みなさん、お早うございます!^^

消費税減税の話が巷に出始めたというわけもあり、
政府税調は、それを打ち消すように、消費税は必要という内容
ですね。借金が増える、次の世代のツケを増やすなというわけです。
消費税を増税すれば、将来世代が困るというより、現在の現役世代が
増税で緊縮を迫られ困窮するわけです。

今度のコOナで、政府は12兆円の国債発行して国民に10万円づつ
配ったわけです。意見はいろいろだけど、緊急にこれは国民の資産を
10万円づつ増やした。国民の金融資産を取り崩して国債発行してる
わけではないですね。その国債を国民が買って金利を負担していく
わけでもない。そして日本は他国から借金してるわけでもない。
この国債を将来世代がコツコツと返却していくので負担になる
という考え方は間違いですね。
今の世代が使ってしまったので将来の世代が負担するという考え方は
間違いですね。そして、
消費税をあげてそれで税収をふやし
国の財政を減らすという考え方は間違いですね。
大恐慌でアメリカも大量に国債発行したけど、それが今の世代の
ツケになってることはない。当時日本も国債発行したり、その後戦争に
負けたりしたけど、今の世代が過去の国債の金利負担で苦しんでるわけではない。

あれほど緊縮財政だったドイツも一時的に消費税下げてます。
日本も必要な時下げればよい。

☆我☆