IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ベルーナがさが美を買収したのはたちの悪いブラックジョーク?
詐欺行為や嘘を平気でつくふてぶてしい人材を必要としているのでしょうか?

>>経済産業省は2008年7月9日、顧客に目的を告げず呉服や宝飾品の展示販売会に勧誘、商品を購入させたなどとして、特定商取引法違反(不実告知など)で、東証1部上場のカタログ通販大手、ベルーナ(埼玉県上尾市)に対し、10日から6カ月間、訪問販売の勧誘、契約など一部業務の停止を命令した。 展示会に誘い、長時間にわたって執拗(しつよう)に購入を持ち掛けた。主に高齢者を誘い、8回にわたって計約1000万円の契約をさせられた60代女性や、判断力が不足した認知症の70代女性が宝飾品などを3回計約60万円分購入したケースもあった。>>

ベルーナ傘下の「着物のさが美」は、過量販売、商品偽装、詐欺行為などを行っている反社会組織であり、会社の体を装った詐欺グループです。過量販売や偽物を販売したことを認めながら、公表しない。公表する誠意も勇気もなく、社員に情報共有もせず、再発防止について配慮していません。滝勇をはじめとする、さが美の詐欺商法の全貌を白日のもとに晒しましょう。このような、反社会的な企業からは顧客が離れ、縮小・消滅の途をたどることは容易に想像できますが、会社が消滅する前に、被害者の皆さんで、集団訴訟を起こしましょう。情報は「文春」で集約します。文春リークス( http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar564021 )までお知らせください。 また、消費者庁(03-3507-8800 )公正取引委員会(03-3581-5471)への通報もしましょう。