IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アリババは、今も素晴らしい業績のある仕事をしている。
孫氏も、毎年業績を伸ばしている事を言っていた。
バフェットが、アップルを持ち続けるのは、アップルが米国民の生活の一部になっているからだ。と言っていた。
間違いなく、アリババは中国民の生活の一部になっている。

自動運転の一般化が、中国で世界に先駆けて行われようとしている。
あと3年もかからないだろう。
それを手掛けるタクシー会社がDIDIで、DIDIにはそのノウハウと研究の蓄積がある。
あれだけの人口の中国で、需要は大きい非常に大きい。
タクシー会社の一番のコストは人件費だ。それが全てだと言っても過言ではない。
自動運転では全く人件費はいらない。マルマル儲けだ。
どれだけ収益を伸ばすかわからない。
始め、IPOで10兆円をすると言われたのがこれらの伸びしろで、それを少な目に上場させた。
この会社の今の株価は、とてつもなく安い。