ここから本文です

[東京 25日 ロイター] - ブルームバーグ(BBG)が関係筋の話として報じたところによると、ソフトバンクグループ(9984.T)はウィーワークやウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)など一部保有株式の価値低下を踏まえ、少なくとも50億ドルの評価損計上を計画している。

報道によると、ソフトバンクGは11月6日に7─9月期決算を発表する際、評価損について公表する見通し。

ソフトバンクGの広報担当者は報道についてコメントを控えた。