ここから本文です

>>658

>CFIUS、DOJに続き、FCCが正式に最終的に合併承認したことで、米政府が
>正式に合併を承認したことになり、提起している州がこれを覆す可能性は
>ほぼ無いに近いと思います。

私も同意見です
合併差し止めを目指す州AGsの訴訟は、民主党が共和党の政策へ反対するためのアクションであって(政争の道具)、あまり筋の通った話には見えません

New York州の公式Webに他の州AGの発言があったので引用すると↓

“All Pennsylvanians deserve access to affordable, reliable wireless service, and as Attorney General, I am committed to protecting that access,” said Pennsylvania Attorney General Josh Shapiro. “The merger between T-Mobile and Sprint would severely undermine competition in the telecommunications sector, which would hurt Pennsylvanian consumers by driving up prices, limiting coverage, and diminishing quality. I’m proud to stand with my colleague Attorneys General in opposing this merger and advocating on behalf of Pennsylvania consumers.”

競争が失われる(undermine competition)、価格上昇で消費者が害を負う(hurt consumers by driving up prices)、(営業)区域が制限される(limiting coverage)とか根拠薄弱なことを言ってます

Sprint・T-Mobileが合併してもAT&TやVerizonには及びませんし、今の合併条件ではBoost MobileスピンオフさせてDISHに売却までするのですから(文句があるなら上の二社を分割させろと・・・)