ここから本文です

政府は21日、多額の利益を上げている企業による海外子会社との株式取引を利用した過度な節税を防ぐ方針を固めた。ソフトバンクグループ を念頭に置いた措置。政府・与党の2020年度税制改正大綱に対応策を盛り込む方向だ。
 ソフトバンクGは価値が目減りした海外子会社株をグループ内企業に売却して赤字を発生させ、税務上、多額の欠損金を計上。法人税の支払いを免れてきた。
 こうした取引は違法ではないが、税制の抜け道を利用しているとして問題視されていた。
 政府は、グループ内で子会社の株式を譲渡する際、株式の評価を実態に合わせたものにすることを検討。過度な損失を意図的に出すことによる節税をできないようにする

ウィーに1兆5000億つぎ込んで、節税対策にしょうとしたが、それは、思惑が、外れたな。
ということは、来年は、税金払わないといけない。
やっぱり税金をちゃんと払わないと。ズルは、いけない。