ここから本文です

アメリカの中国株上場廃止報道はさすがにやりすぎだ
スポークスマントランプも内心やりすぎと感じているだろうが、共和党古参やアメリカのオーナーたちの意向だから止む負えないのだろう
しかし、以前も指摘したが金の成る木であるアリババを中国は必死に守るだろうから、SBの長期株主はうろたえてはいけない
SBは企業実態に比べて極端に割安なのだから、これだけの市場要因による悪材料で上げの爆発的エネルギーがたまっていると考えるべきだ
ウーバーもウィワークも逆風が吹いているが将来性はとてつもなく有望であることに変わりない
IoT企業の先行者メリットと勝者総取りの基本原則を忘れないことだ