ここから本文です

SBは好材料が出ても株価が十分反応しないが、長期投資家は動じることはない
消費増税や予想以上に執拗な米中対立で株価は数か月軟調に推移する恐れがあるが絶対に投げてはいけない
また、日韓関係の悪化には米中対立より半島の南北統一にかかるコストの問題があると思う
このような環境下、株価上昇のトリガーを引くのは外人投資家だと予想するがもう少し時間がかかるだろう

長期投資家は目先の株価の推移に気を取られるのではなく、AI社会を乗り越える準備をすることが物心両面で重要になると思う
SBは順調に拡大しているのだから株価爆発の時は確実に近づいている
しかし、AI社会の激動期に実社会では精神を病んだ人間が激増し社会は荒廃する恐れがある
理由はいろいろあるが、人類は仕事をAIに奪われ(仕事を通じて得られる)人間教育の場を一時的に失うことが一番怖い
それを乗り切れば、良いAIが悪いAIを駆逐し、人類を悪い方向に導く利権屋も駆逐し住みやすい楽しい世界になるだろう