ここから本文です

選挙分析

更に開示が進み自公過半数も自民は改選前から-10議席とかなり伸び悩んだ印象
これで公明党の存在感が増し2党による調整が増えると考える
公明党の政策はリベラルに近く党運営もそれに引きずられるだろう
改憲勢力で見ると維新を含めて足りず9条問題は棚上げに

投票率は過去最低、天候不順があったとはいえ野党側、与党含め政策論点が未だに昭和中期から変わらず市民は投票回避となった模様

今回、経済に最も影響を与える消費税を
明確に打ち出した令和は得票を伸ばした
また、保守派の中で議員定数削減を訴え浮動票を獲得したのは維新だった様だ
比例から鈴木宗男が当選した事によって対露外交に維新が加わる事が確定的になったと思われる

ざっとまとめてみました
しかし魅力ある政党不在で全く面白くありませんでしたな