ここから本文です

基調講演のビデオを見て、Oyoを今日ちょっと見てみました。
すごい勢いで成長している。

Indian hotel startup OYO, which is currently in 80 countries around the world, plans to expand into coworking spaces, according to a report by TechCrunch.
Oyo has raised around $1 billion from the likes of Airbnb and other big names since September. The venture will be called OYO Workspaces, and it is already running in 10 Indian cities and has about 20 centers. In its current capacity, it can serve upwards of 15,000 people.
Well-known firms like Paytm, Pepsi, Swiggy and Lenskart have all signed up to use the new workspaces.

グーグル翻訳:
TechCrunchの報道によると、現在世界80カ国で事業をしているインドのホテルスタートアップOYOは、コワーキングスペースへの進出を計画しているという。Oyoは9月以来Airbnbやその他の著名企業から約10億ドルを調達している。 これはOYOワークスペースと呼ばれ、すでにインドの10都市で運営されており、約20のセンターで15,000人以上にサービスの提供が可能だ。Paytm、Pepsi、Swiggy、Lenskartなどの有名企業からの契約を得ている。