ここから本文です

朝の投稿より詳しく
DOJの手続きが来週いっぱい期限なのはご承知の通り
孫さんも今頃Tモバ、ディッシュと詰めの交渉を必死でやっている事でしょう
そもそもこの統合、成功の確率は5分以下と見られてました
孫がトランプの就任早々トップ会談をしてヨイショしたのはこの件にかけた情熱でしょう
そしてそれに答えるかのように今年1月にFCC委員長にパイ氏が就任したのです
このパイと言う人は先任の民主党選出委員長と激しくやり合った人物で根っからの市場放任、市場原理推進者であります

一方DOJのデルヒム局長は反トラスト法厳守の人であります
通常なら同じ通信系の統合は絶対に認めないとの報道もありました
この方も共和党支持を受け指名された人物、当然トランプと孫、パイ委員長の時系列は承知している
だからこそ、通常なら期限を伸ばす事等ありえない事態が今起きてるのです

さてDOJ最後の難関をくぐり抜け両者の統合が認められたとします
次は州から訴えられている訴訟が起きる可能性があります
裁判は10月頃になると思いますが、FCC.DOJが共に認可許可を出している場合覆る可能性は0に限りなく近いです
訴訟を起こすかどうかも怪しいのですな
ただ訴えている州の多くは民主党系の地域ですから嫌がらせが入る可能性はあります
しかし裁判に負ける事はありえません

ここに断言しつつ来週を待ちます

ではこれにて