ここから本文です

戦争はしてはいけません、
ただ、牙を抜かれてはいけません
憲法改正がまず意識改革のスタートで日本国民に牙をはえさして、研いで
そして今の暴力反対でそだった子供達が兵士になれば何も考えれない、ロボットのような兵士になるでしょう つねられることも殺すほどの暴力も同じ平面に存在する。ある意味恐い兵士の誕生です。
 憲法改正、などはせずに、 他国に日本人はいざとなったらやるぞと思わせる
ことが大切なのですが、それがなかなか難しいのも感じます、ここに日本人のホルダーがたくさんいることからも感じられます。