ここから本文です

>>648

楽天に対し嫌な感じを初めて覚えたのは球団創設時の最初の監督を2年もしないうちに解任したことです新球団が弱いのは監督のせいではないのに。それから何年もしてあの野村監督がついに球団初のリーグ2位Aクラスをゲットし日本シリーズまでもうちょっとのところであの契約終了報道。流石に野村さんも当時愚痴の連発でした。経営者は「情に」流されてはいけないことは当然とはいえ球団を優勝一歩手前まで押し上げたのは実力。にも拘らず三木谷氏は契約満了を理由に野村さんに辞めてもらった。これはショックでした。かつて西武のオーナーの堤義明氏が森監督が優勝した直後のねぎらいの?席で「本人がやりたいならやればいいんじゃないの」と発言して物議を醸したことがあったが三木谷氏の対応に比べれば堤オーナーの方がよほどマシと言えよう。楽天はその数年後に星野監督のもとで初優勝したが優勝に必要な選手個人の技量や思考を植え付けたのは野村さんに違いないと思う。