ここから本文です

日経の偏向記事は毎度のことだから気にすることはない
実は俺も日経をやめようと思っているくらいだから、世間の新聞離れは悲惨なことになっていて、日経は偏向記事で注目を集めたいのだろう

それとは別に、昨年10月からの急落で日本市場についてわかったことがある
それは、昨年10月に24448円をつけても日本市場は相場がはじまってなかったということだ
前に書いたかもしれないが、世界中の株式が高騰して日本株にパッシブな買いが入っただけなのだ
だからこそ、日本がデフレを脱却すれば昭和の太平洋戦争後に日本株日本経済一人勝ちだったことが再現される可能性が高い
SBモバイル上場の時に、孫さんは基本に立ち返るべきだと書いたが、ウィーワークの出資を減らしたことは大正解だと思う
そして、株価が下がった時に、本当にいい会社に分散投資してくれることを強く望みたい