ここから本文です

ソフトバンク、ブロックチェーンを活用したモバイルペイメントサービスのPoCを実施

ソフトバンク、シンクロノスおよびTBCASoftが、RCSとブロックチェーンを活用したモバイルペイメントサービスのPoCを共同で実施。

シンクロノスのCEO&PresidentであるGlenn Lurieは、次のように述べています。

「今回のPoCでは、ソフトバンクが、RCSやブロックチェーンなどの最先端テクノロジーを持ち込み、同社が常に最前線にいることを証明しています。この実験は、メッセージサービスや決済市場に革新をもたらし、顧客やブランド、ビジネスに新しい機会を創造します。また携帯キャリアには新しい収益機会をもたらすでしょう。RCSのメッセージサービスは、決済ブランドや大小の店舗にとって、最先端かつ機能豊富で、ユーザーとやりとりできる取引市場のプラットフォームとなります。シンクロノスの強みは、メッセージサービスのノウハウを持つ点と、RCSに加えてEメールやIM(Instant Messenger)、MMS、SMSなど複数のメッセージ・プラットフォームをグローバルに展開している点にあります。この重要かつ新しいトレンドに関する強みを最大限に生かし、モバイル業界で理想的な地位を築いています」