ここから本文です

 ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのアナリスト、ジェニファー・フリッチ氏は「ワシントンDCでは肯定的な話が徐々にわれわれの耳に入っている」と述べ、「この種のディールに対して怒りをあらわにするグループからも現時点では特に声は上がっていない」と語った。

  もっとも、合併プロセスはなお初期の段階だ。規制当局による審査は始まったばかりで、反対派は27日まで米連邦通信委員会(FCC)に反対意見を提出することができる。一部の合併案件に批判的だったトランプ大統領は、この案件に関してこれまでのところ沈黙を守っている。

  ワシントンの消費者保護団体パブリック・ナレッジを率いるジーン・キメルマン氏は「今回のディールの先行きについて人々は少し早く仮説を立て過ぎているかもしれない」とし、「現在の平穏な状態が今後の順風満帆を意味しているとは思わない。8月末前後にこの案件に関して懸念を表明する人がかなり出てくると思う」と述べた。