ここから本文です

>>634

財務難の可能性をアナリストが警告したために米スプリント株が8%安となったが、このアナリスト、クレイグ・モフェット氏は、昨年12月にも米スプリントの株が2ドルになると発言している。要するに、外人投資家が44%を占めるソフトバンクともなれば、アナリストは顧客の為、株価操作発言をする可能性もある。つい、この前は米衛星通信会社のディシュがTモバイルを買収すると騒いでいたではないか。この様な発言の陰には常に大物投資家の存在が疑われる。株価操作発言で狼狽した貧乏投資家が売らされ、富豪投資家が儲ける。この構図は何処の国も変わらないよ。