IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

国内通信事業は、他社が通信障害を繰り返す中、データ通信の増加予想に基づく設備投資、電波改善計画による品質向上で顧客増加数連続NO1と順調そのもの、心配された借金も返済が進み成功間違いなし。ガンホー等関連会社の含み益は益々増加。海外投資もアリババを始め成功多数で、今後益々含み益増加と業務提携によるビジネスチャンス拡大が見込まれる。アメリカの通信会社の買収は認められれば間違いなく立ち直らせ利益拡大が予想されるが、認められなくても4,000億円の臨時収入。株主還元にも力を入れ始め魅力アップ。外部要因は、政権と日銀総裁交代で株高歓迎の雰囲気で東京電力、シャープなど先行き不安な会社でさえも底値から大幅高、株価が何倍にもなっている会社も出始める中、ソフトバンクが評価されないのは何故、不思議だ。