ここから本文です

前場中盤から値嵩株に「強烈な売りが出て、買いが引っ込んだ」(国内証券)こと、米国ダウ先物が軟調に推移していることから、日経平均株価は一時19000円を割り込んでしまった。この底なし状態になったため、多くの投資家がポジションを投げざるを得なくなった、ロングポジションだった海外の投資家からの売りも出始めている(ネット証券)。
とまあ、今日の概況はこんなところだったとのこと。ただ引けで一気に日経平均株価がプラ転したのは先物にまとまった買戻しが入ったのか、あるいはクジラが買い支えたのかもしれない。ただ外部環境は何も変わっておらず、明日は今日の上げ分に利息を付けての下げということにならなければいいが。