IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

私見です。小僧の100円台での活躍は
先月末に発行された四季報に記載された
二期連続黒字が現実のものとして確認され、世間から認識される8月中旬に発表される、今期(2020年12月期)の半期irの数字を見てからになろうかと思います。となると、来年の半ば過ぎには、現在の流れでいけば300円台で推移していようとの観測も出来ます。その辺りを大きな株価の流れとして、思惑で株価の上げ下げがあり、現在各証券会社で顧客に対して意見を義務づけられている継続擬義のしばりも解ける見通しが立ち、更なる将来への展望も開けてきます。今はこの二桁台を我慢して拾うことがホールダーの皆さんの大きな資産形成に欠かせない時期です。まだ、二桁で手に入ります。
目先のデイトレの方々もベースの資金が豊富になればもっと大胆なデイトレも出来る訳ですから、小僧を一緒に応援しませんか?(^_^)