ここから本文です

ハイエンド3Dプリンタの性能をデスクトップ型3Dプリンタで実現 メーカーボットの最新機種「METHOD」の取り扱いを発表

アルテック株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:張能 徳博 (ちょうのう のりひろ)、東証一部上場: 証券番号9972、以下アルテック)は、3Dプリンタ業界大手のストラタシス社(Stratasys Ltd. [Nasdaq: SSYS] )の子会社であり、デスクトップ型3Dプリンタの世界累計販売数9万台以上を誇るメーカーボット社(MakerBot Inc. [本社:米国 ニューヨーク州] ) の最新機種「METHOD」の取り扱いを開始いたします。

ストラタシス社の特許を最大限に生かした最新機種
米ストラタシス社の子会社であるメーカーボット社は、ストラタシス社の特許技術を最大限に活用し、新製品「METHOD」を開発しました。最大の特徴としては、ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダー、そして水溶性サポート材PVAの採用です。ハイエンド3Dプリンタの性能をデスクトップ型3Dプリンタで実現させ、さらにユーザビリティ向上の為の機能が追加された、コンシューマー向け3Dプリンタと産業用3Dプリンタの架け橋となる革新的な装置です。