ここから本文です

相場的にはノーベル賞空振りで一回終了みたいですが、
積層セラミックコンデンサ向けのお仕事はかなり良い感じらしい。

ひょっこり次の四季報が増額記載でもしてくれたらなあ、と少し期待。