IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

関西スーパーは臨時株主総会で、百貨店大手のエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング(大阪市)との経営統合案を提案。可決に必要な出席株主が持つ議決権の3分の2をわずかに上回る66・68%の賛成で可決した。

 関西スーパーによると、投票用紙に何も書かずに提出した株主から、本来は賛成する意図だったと申し出があった。白紙で投票した場合は「棄権」として扱うが、この株主が用紙の回収担当者に賛成する旨を伝えていたことなどから「賛成」と判断したという。

 オーケーは「投票を締め切った以上は『棄権』として取り扱われるべき」で「結果が恣意(しい)的にゆがめられた」と批判していた。


書面がすべて
白票投じた時点で棄権

あとから口頭で賛成と申し出たから賛成と取り扱うとかありえない行為
このようなことが許されるなら後から説得して賛成に翻意させるとか
なんでもありになってしまう

法的にはOK牧場の勝ち以外なかろう