IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3864

MBОの可能性に気づいた投資家が仕込んでいるものと思われます。
この会社は五億円の代表訴訟(元役員が会社の損害を賠償することを求める訴訟)を起こされており、4月に文書提出命令での敗訴が最高裁で確定しました。
そうすると、代表訴訟も敗訴(会社はトクをする)する可能性が高いので、その前に株主の株を全部取得してしまおうというわけです。MBОをすれば、株主がいなくなるので、代表訴訟は却下されます。元役員は会社に賠償しなくてすむことになります。
ガバナンス監視委員会を解任したり、下方修正や減配をしているのは、MBОの準備と考えられます。
仮に、MBОをしなければ、代表訴訟で会社に五億円入ってきますから、どちらにしても好材料ですね。