IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(改めて…)
いくつかの店に行くけど、メニューにカロリー、塩分が記載されていて、健康の観点で巷の推奨である10g/日(≒3.3g/食)を考えると、殆ど選択肢がなくなってしまう感じがする。
まぁ、表示してあるのは良心的でいいんだけどね。減塩商品開発してくれればいいのにね。

  • >>75

    > (改めて…)
    > いくつかの店に行くけど、メニューにカロリー、塩分が記載されていて、健康の観点で巷の推奨である10g/日(≒3.3g/食)を考えると、殆ど選択肢がなくなってしまう感じがする。
    > まぁ、表示してあるのは良心的でいいんだけどね。減塩商品開発してくれればいいのにね。

    こんにちは~
    過度の塩分摂取は高血圧症を発症されると言われています。
    確かに一食食べると一日の許容量を超える事になりますね。
    また塩分以外にも…例えば喫煙やストレス等も高血圧症の原因の一つであるし、肥満体質等の合併症で脳梗塞の原因として知られています。
    ただ毎日毎日三食召し上がる方は少数派だと思います。
    年間2万円の優待券を客単価1千円として20回の来店だと、凡そ平均18日毎に1度塩分過多になるに過ぎません。
    私も以前は高血圧症でしたが、許容量を超えた日は極力塩分を抑えてみたり、塩分排出に効果のあるカリウム豊富な豆乳等を飲むように心掛けています。
    全ての食材に塩分(ナトリウム)は含まれています。
    食塩以外…例えば鰹節等の使用量を抑えると、お出汁にパンチ力が無くなり旨味に欠けるのではありませんか?
    勿体ないですが、体質健康管理をされつつ召し上がりたいなら、出汁を少し残すけど、旨味の満足感が得られると思います。
    また、企業側としても少数派の顧客に別枠の調理をするのですから、コスト面にも影響が大きいと私は思います。