ここから本文です

9749 富士ソフト

20.12月期決算は、10%増収、5.2%営業減益で着地、業務系SIで不採算案件が発生した事が主因で減益。ただ、同案件処理は終えており、今期への影響はないと判断できる。
4Qの受注高536億(△11%)、期末の受注残547億(△23%)と良好な水準。

今期ガイダンスは、3%増収、3%営業増益。業務系、製品は好調、自動車向けは「活況」とのコメント!計画は保守的と考える。