ここから本文です

年度末の株価をなんとか維持して評価損を出さないようと願っている企業にとって、ここは数千株の買いを入れれば良いのですから楽ですね。でも既に株価優待を手にしている一般の人は、来月以降の株価下落時点で買えばいいと思いますよ。買い増ししたければですけど。