ここから本文です

箱根だけでなく古い観光温泉地という場所は元来湯治場として隠れ宿として発展してきた。
古い旅館や中途半端な鉄筋コンクリートのホテル。 つぎに手入れの届いた庭を持つ高級旅館が増えてきた。
ところが料金は高めで客足が伸びない。結構頑張っているけど苦しい営業で経費を掛けて改装をやるのがやっと。
旅行社経由で団体を取ればこれまた客単価安くて感動させるような料理が出せない。

そこで個人の高級客を満足させ、リピーターにしようというのが今回の天悠でしょう。椿山荘のノウハウを期待してます。