ここから本文です

今年1年を振り返ると、年始の1月に57円を付けて、良くなるのかな?と期待を持たされました。
しかし、年末最安値の23円を付けて、終値は25円。11月に41円付けたときは、これで上向くと思ったのに一気にここまで下がってしまったのは誠に残念でした。
他の株価と違い、1円の重さが違うのに1月から30円以上も下がってしまうのは、経営努力の問題。
経営者は、創業者社長ではないのだから、会社の市場価値をあげることを第1にしてもらいたい。
そうでないと、従業員も経営層の給料も上げてあげられない。
2020年が目の前に来ているし、大阪万博もその先にあります。
アゴーラにとっては、いい材料がたくさんあるのだから、それを活かした経営を進めていただきたいです。
今のうちに設備投資しないと、必要なときには間に合わないですよ。