ここから本文です

>>324

全労済が見に来る前に、地元の大工さん等で見積もりを作ってもらい
しっかり足場代も《充分に》入れてもらい作っておくと、十二分に保険が下りるのでは?
私の場合、保険屋(県民共済)さんに見てもらう前に①見積②写真【詳細(瓦・板、別々)・全体】
を用意しておき、かなり、20万近く余りましたよ。
余った金の三分の一で全体に雪止めを設置しました。
※足場費を多く見る(被害は一面でも三面見る・足場安定の為と、聞かれたら)、
保険屋さんの手数かからない様に、準備万全に書類・写真を用意  
見積もりは突っ込まれない様に、あまり詳細m数を書かずに一式にする がポイントでは・・
【屋根の上の工事ですが、板金屋さんに事前打ち合わせの上、
足場は実際には設置せずに はしごで施工してもらいました】