ここから本文です

建設業界にいますが、レンタル建設機械の稼働率は非常に高い状況が続いています。数年前は単価、使用日数、整備費用など交渉して値引きしていましたが今はそんな雰囲気はありません。資機材も当時より新しくなっています。この稼働率で良い決算が出ないとしたら設備投資による減価償却費の増加位でしょう。