ここから本文です


6572 RPAホールディングス   
昨年5分割 発行株式 2685万株 株価5710円  時価総額1533億円
         売上  経常利益  1株利益  配当          2018.2    4,188   450  12,1   0
2019.2予  9,100   870  19,0   0
2020.2予 15,000 1,400  30.5   0

9698  クレオ        
     発行株式 865万株 株価1689円 時価総額 146億円
2018.3   12,268   457  36,8  15      2019.3予 13,800   730  62,7  25
2020.3予 15,000 1,010  81,9  25~32

クレオの時価総額はRPAHの10分の1以下 ?
昨年新規上場で勢いのあるRPAホールディングスとは対照に
クレオは30年前(1990年)に上場しその後長い間停滞してた株
私もついこの間まで、筆まめの会社としか思ってなかった株です

3ヶ年中期経営計画書を見ると、2017年~2019年
グループを再編して、新体制を構築。(『筆まめ』は売却 )
長期的な成長ドライバーとなり得る事業の改革
ソリューション・サービス、新規創出事業などの育成に取り組んで
大きな事業拡大の可能性がある分野にシフトするとあります

この中期計画がとても順調にいっているようです
売上の延びはRPAホールディングスに負けてますが
企業の本来の実力は経常利益で計るものと思いますので
RPAHとの差はそれ程大きくないと思います。

『利益拡大』による企業価値の向上では
・連結配当性向40%以上利益増による増配の実現
         前期配当15円 → 今期配当25円予定
・自己資本比率70%超過分を原資とする自己株式取得
         平成29年6月 35万株自己株式取得済

今期の業績よりも2021年3月期の予想がどうなるか
気になるとこです!