ここから本文です

2018年3月1日 09:07
いいね

2018/3/1
671+48高値682
2018/3EPS 33.7円→PER 21.9倍
大幅続伸。18年3月期の期末配当予想を従来の1株当たり14.00円から15.00円(前期は13.00円)へと増額修正している。業績動向が堅調であることなどを勘案した。同社は連結配当性向40%を目標としている。

基幹業務パッケージ「ZeeM」を手掛けるクレオ

仕事はロボット任せの時代へ、“RPA関連株


2018/3/16
1013+88高値1044
終値ベースで1000突破だゼヨ

2018/4/2
1202+157高値1330
終値ベースで1200突破だゼヨ

 クレオ<9698>が一時14%を超える上昇で異彩を放っている。株価は前週後半から急速に上放れ、時価は2000年以来18年ぶりの高値水準で実質青空圏を走っている。同社の人工知能(AI)搭載の業務自動化支援システムが材料視され、投機筋の食指を動かしている。きょうは、マザーズ市場の直近IPO銘柄でホワイトカラーの自動化技術を手掛けるRPAホールディングス<6572>が大幅高に買われている。また、4月20日には同じくマザーズ市場にAIベンチャーとして下馬評の高いHEROZ<4382>も上場する予定にあり、AI関連株の物色人気が一段と盛り上がってきた。同社は18年3月期業績が好調なほか、19年3月期も2ケタ伸長が見込まれ、株式需給面では小型で値動きが軽く、上値思惑が膨らんでいる。

2018/11/19
1354+118高値1360
終値ベースで1300突破だゼヨ
2019/3EPS 48.2円→PER 28.1倍

企業のIT投資需要活発で全体地合い無縁の上げ足
法人向けシステム開発受託とERP販売を展開し、企業の好調なIT投資需要を取り込むことに成功しており、18年3月期営業利益は38%増益、19年3月期も39%増益見通しと4割近い伸びが続く。RPA関連株の一角としても注目されている。

2019/2/6
1452+100高値1570
引け新値だゼヨ
2019/3EPS 60.2円→PER 24.1倍
クレオが買い気配、今期経常を15%上方修正、配当も5円増額
 
2019/4/19
1705+44高値1741
終値ベースで1700突破だゼヨ