ここから本文です

建機レンタル市場は構造的に拡大する。
地震、台風、豪雨などが頻発し、復興需要が永続的に生じている。またその事前対策として、国土強靭化は待ったなしの状況。
全国の高速道路、橋梁、新幹線、上下水道などのインフラは老朽化が著しく、改修が必要になってくる。
リニア建設や万博、カジノなど大型国家プロジェクトも今後目白押し。
建機需要は拡大する一方で、ゼネコン等は資材部などを次々廃止しており、建機を自前で保有しなくなっている。
レンタル業者の重要性は日に日に増している。
その中でも、建機のICT対応や環境対応などが進み、イニシャルコスト、ランニングコストが増加している。これは当社や西尾、アクティオなどの資本力のある大手の優位性を高める。中小は機材を調達、維持できなくなってきており、大手の傘下に入るか廃業するかの選択を迫られてくる。
建機レンタル大手のポジショニングや社会的な重要性は高まってきている。