ここから本文です

【含み資産株の超出遅れ】

徐々に株価の水準訂正している現在の含み資産株の中でも、この株の出遅れぶりは際立っている。

ちなみに他の含み資産株とこの株の現在の株価水準を比較してみる。

含み資産株が軒並み急騰し、次々に高値をつけた一昨年の春ごろの高値と現在の株価の水準を記載すると以下のとおり

  コード   銘柄   一昨年3~5月高値   現在値
 7404  昭和飛行機   1549円    1255円
 8806  ダイビル    1600円    1359円
 9005  東急電鉄     814円     776円
 9605  東映       760円     934円
 9633  テアトル     234円     141円
 9671  よみうりランド 1143円     459円
 9672  東京都競馬    549円     299円
 9681  東京ドーム    810円     519円

これをみると現在の株価は激安といってもよい水準で下値不安は皆無、他のサービス株と比較しても出遅れは顕著で、まさにお宝銘柄といってもよい。

1000株保有での優待を含めた利回りも、ヤフオクでの優待券の取引価格を参考にすると3%は十分確保できていることから、NISAでの投資でも超有望。

業績は目先さえないが、日経20000円近くでの現株価での投資効率はかなり高くなるだろう。