IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>243

番組の見どころ
4月02日(木)
「大浜見聞録」は熟成肉ならぬ…熟成魚を取り上げます。これまでは衛生管理などが難しく、限られた店でしか味わえなかったのですが、最新の科学によって状況が変わっていました!朝活タイムは投資をする上でいま注目のテーマや業界はどこなのか専門家が読み解く「深読みリサーチ」です。
トランプ大統領 インフラ投資など 「2兆ドルの追加対策必要」
4月1日(水)
ニュース

放送を見逃した方はこちら
トランプ大統領は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、インフラ投資などに重点をおいた、2兆ドル、日本円にして215兆円規模の追加の経済対策が必要との考えを示しました。トランプ大統領は、ツイッターで、「雇用とインフラの再建に焦点をあてた、2兆ドル規模の巨額で大胆な対策が必要だ」と述べました。アメリカでは、先週、2兆2,000億ドルに上る経済対策が成立したばかりですが、トランプ大統領は、早くも追加の対策を呼びかけた形です。また、野党・民主党のペロシ下院議長も、「高速通信や水道などのインフラ整備を含んだ追加の経済対策が必要だ」としていて、法案化にむけた作業を、早期に進めたいとしています。

円暴落は 突然おきる 早朝の ニュージ―市場
板が薄いから 直ぐ暴落する

コロナ肺炎で 強い企業がある。 安田倉庫 9324

薬剤師の社員が多数、薬剤の保管、輸送が 基幹事業
CASH RICH 莫大な土地を3大都市圏に所有

平成15年10月以来 土地再評価なし

簿価と基準地価の乖離莫大 ハイパーインフレドントこい

  • >>246

    (話題の株)メドピア、一時ストップ高 遠隔医療相談に期待

    2020/4/1 18:40
    640文字
    [有料会員限定]


    1日の東京株式市場で、遠隔医療相談サービスを手掛けるメドピア株が逆行高となった。一時、制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比300円(21%)高の1729円まで買われた。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、医療体制の維持や感染予防を目的に需要が拡大するとの思惑が広がり、個人投資家を中心に買いを集めた。
    その後は利益確定売りも出て終値は14%高の1631円。売買高は前日の6.5倍となった。この日は業態が似たメドレーもストップ高となる2382円で引けた。
    メドピアはスマートフォンやパソコンを活用した遠隔医療相談サービスを手掛ける。経済産業省がオンラインで健康相談できる窓口として子会社のMediplat(メディプラット)を選定。同社は3月下旬に、無償での利用期間を4月末まで延長すると公表した。また厚生労働省も臨時措置として保険を適用するオンライン診療の対象を広げるなどしたのも「投資家の期待をさらに強めた」(岡三証券の小川佳紀氏)。
    予想PER(株価収益率)は65倍。ただ、もともと近年の業績は2ケタ成長が続いており、楽天証券経済研究所の土信田雅之氏は「特殊要因がなくても成長が速く、特段の割高感は感じない」と評価する。
    買い残を売り残で割った「信用倍率」は3月中旬には15倍を超えていたが、下旬には5倍台に低下。需給面の改善などもあって市場では「医療分野のネット活用は必ずしも一過性のテーマではなく、年初来高値の2107円を試す可能性もある」(国内証券)との声も聞かれた

    高速通信とは 5Gである ダビンチなど 外科手術、スポーツ番組の遅延なし
    放映 メドレーPER 65倍
    NTT DATAが トンデモナイ10バガー銘柄とは 殆ど 市場関係者
    気が付いてない