ここから本文です

今回の優待クーポン使用したところで足が出る事により躊躇している個人株主の皆さん。私の考えは 微力ながらラックさんの応援団の一員として背中を押してあげたく喜んで申し込みしました。