ここから本文です

松竹株式会社の人へ

七月松竹座 せっかく江戸から時蔵や菊之助か来てるんだから もう少し 華のあるパットした狂言立てができないもんかなと この頃よく思う。ということで 七月大歌舞伎 演目配役について 私なりの意見です。

【昼の部】渡海屋・大物浦 以外はハズレ。

『色気話お伊勢帰り』
先日 鴈治郎が紫綬褒章受章の記者会見で「元は松竹新喜劇の演目を 歌舞伎風にアレンジしました。大阪らしい芝居を見てください」と意気込んでいたが 「歌舞伎役者」として 紫綬褒章をもらったんだから 歌舞伎に専念しろと 古典をもっと掘り下げろと 言いたい。去年の顔見世もそうだ「面かぶり」ような色物に逃げるな。それでもやりたければ 松竹新喜劇にゲスト出演して そこでやればいいと思う。
客は大歌舞伎=古典をみたいわけであって 新喜劇を見に七月大歌舞伎には行かない ってことに気づいてほしい。

『日招きの清盛』
我當ファミリーの思い出作りみたいなものと思っている。実質引退・お名残狂言なのだと思います。我當 僕は嫌いではないけど 興行としてどうなのか?客はこれに反応するのか?というところをしっかり考えてほしい。一月初春松竹座の藤十郎米寿記念の舞踊みたいなもの。客として実に迷惑。思い出作りは結構だが ちゃんとした 芝居をやってくれ。

関西勢の内々の楽しみのために 枠を使うより せっかく菊之助が来るんだから『鏡獅子』または『京鹿子娘道成寺・の道行から押し戻しまで』みたいなものをさせてやれないものか?
鴈治郎は妙な新喜劇をやらずに 押し戻しでベテランの貫禄を見せつければいい。それが芸というものだよ。
※押し戻し 芝翫でも可

【夜の部】役者の使いかたがもったいない。

『葛の葉』障子に筆で書くところ・神通力で扉がパタパタ動くところ あれ 今のお客にウケるかな?もう一回 見たい!!歌舞伎おもろい!!ってなるかな??
それよりも 仁左衛門・時蔵で 『四谷怪談』を出す方が季節柄 よろしい。菊之助の伊右衛門ってのもありだね。

※夏に出すには重いが 仁左衛門・時蔵で『妹背山婦女庭訓・吉野川』を出してほしい。久我之助は愛之助または千之助・雛鳥は梅枝。これなら絶対客は入る。しっかりとした芝居を出せば 遠方からでも足・宿代を惜まない見巧者が必ず来るからね。来年の一月〜二月に期待している。

『芝居前』 歌舞伎を愛する会の口上も兼ねての一幕なんだろう。これで一幕はもったいない。例えば『四谷怪談』の中に『芝居前の場』をねじ込んで 劇中に口上の場を作ればよろしい。そっちの方が見ていて 面白い。客にウケるよ。

『百両首』昔 勘三郎と猿之助でやったのを見た。面白い芝居といえば面白い。ただ 大顔合わせがあって 初めて話題になる芝居。

僕が興行主・座長なら大喜利に『勧進帳』をかけて 弁慶に弥十郎を据える。富樫は芝翫 判官は菊之助。
弥十郎は躯体立派 たまには大役させておやんなさいよ。大阪でしか見られない配役を出せば必ず 客はチケットを取り合うよ。

的確な演目に 的確な配役を施せば 大当たり間違いない。
華のない 歌舞伎をしない役者は 無理矢理キャスティングする必要あるか? 無駄な役者を削って 人件費を下げようよ。そして その分 チケット代を下げるべき。
芝居がつまらない でも チケットは高い。そんな大阪松竹座の興行が続くようじゃ 近い将来 さらに 客足が遠のいて 関西の歌舞伎興行が成り立たなくなるよ。

それと 一等17,000のチケットが生協で8,900で出回ってるんだけど あれ どういうシステム? 七月松竹座 あまりにも人気なさすぎで 生協にお願いしないと チケット捌けない ってこと?

9601 - 松竹(株) 松竹株式会社の人へ  七月松竹座 せっかく江戸から時蔵や菊之助か来てるんだから もう少し 華のあるパ