ここから本文です

北海道新聞より:いよいよ石狩発電所稼働開始。現在13万世帯と電力供給契約を結んでいるが、この発電所では20万世帯へ供給可能。現在60%を外部からの買電に頼っているが、仮に20万世帯へ供給すると年間36憶円のコストダウンが可能。10機のガスエンジンと分散型の為、運転継続しんがら故障や点検対応が可能。
胆振東部地震でブラックアウト状況の中でも、ガスコージェネレーションシステム(熱電併給)を持つビルや商業施設では燃料の供給を心配せず稼働継続した実績や、オール電化家庭向け新料金体系を提案も含め攻勢を強めると同時に収益性の向上も期待。又、四季報によるとガス充填所跡地の再開発も順調に進捗していることから期末に特別利益も計上予定か。    司