ここから本文です
北海道ガス(株) - 株価チャート

1,583

+15(+0.96%)
  • 前日終値
    1,568(10/18)
  • 始値
    1,568(09:00)
  • 高値
    1,586(12:59)
  • 安値
    1,568(09:00)
  • 962(最新)

    yam***** 10月21日 16:10

    >>961

    会社からの回答:これから 仕様書が出 見積もりを要求される段階

    LNGを供給できるのは 北電、北ガスの2社のみ 北電超臨圧ボイラー発電で
    100万~150万KW以上で(苫東 =苫小牧)小型高ジェネは 北ガスは
    10歩も先に行っている。

    軽油は 二酸化炭素排出で使用できない 以上

  • >>956

    北ガスに照会するも担当者不在、北電のLNGをどうも買わないようだ。
    北ガスには 15~17-00hrsの間に電話するからと調査依頼(受注)

  • >>955

    雪印メグミルクが常用、非常用発電機新設するので IRに照会
    何処のガス使うか企業秘密と開示しない。検索

  • >>953

    コンデンサー真空度高めるため 真空ポンプ使用、しかし海水温度
    低いほど 高真空を得られる。このため 極寒地以外 寒冷地有利

  • LNG導入から50年、日本企業の優位を保つには
    編集委員 松尾博文
    松尾 博文 環境エネ・素材 編集委員
    2019/10/20 18:00
    1233文字
    [有料会員限定]忘れてはいませんか北ガスねつこうりつ常用LNGコージェネ発電



  • 北方四島、ウラジオストク ナホトカ シベリア 南半球 ペルー高地
    チリ―アルゼンチン ニュージランド 南島 寒冷地程経済性、居住性向上
    小樽に設置したガスタービン 熱効率90%以上世界NO1
    ドイツ ロシアからバルト海をパイプラインでLNG輸入 しかし北ガスの
    コージェネに敵わない 北国の都市 コンパクト化 北ガスの常用LNGコージェネ発電を必要とする。熱帯地域 常用LNGコージェネ発電冷房は 熱効率非常に悪い
    大規模LNG発電 臨界圧 海水温度が高い為 コンデンサーの効率=悪い
    蒸気モリエル線図見ればわかるがコンデンサーの真空度が低いほど 熱落差が大きい
    =高エンタルピーが得られる。海水温度次第、寒冷地なら復水温度低く給水温度低いだろうと思考、大丈夫 エコノマイザーで加熱、この加熱で失うエンタルピー
    より、高真空度の熱落差(エンタルピー)の方が 遥かに巨大 石炭、原油焚きも
    同じ 日経ももっと勉強しろ

    日本で初めてとなる液化天然ガス(LNG)を、米アラスカ州から運んできた輸送船が、東京ガスの根岸工場(横浜市)に到着したのは1969年11月4日である。この日から、来月4日で50年となる。
    都市ガスはそれまで工場で石炭や石油を加工してつくっていた。海外で産出する天然ガスを現地で液化し、専用輸送船で遠い消費地に運ぶ。壮大なエネルギー転換には、国内でも膨大な作業が伴った。
    東京ガスの広瀬道明会長は74年に入社した。最初に配属されたのは転換事業所と呼ばれる部署だった。LNGからつくる都市ガスは熱量が従来の2.2倍に増す。コンロや給湯器などのガス機器はそのままでは使えず、一つずつ手直しが必要となる。そのための作業にあたる組織だ。
    東京ガスの顧客は当時、550万戸。荒川区南千住にあった事業所から毎日、1千人規模の作業員が供給区域に向かった。72年に埼玉県上尾市で始まった熱量変更作業は足かけ17年を要し、88年に終わった。日本全体では作業が完了してからまだ10年たっていない。
    これだけの負担を伴うLNGをなぜ、導入したのか。日本ガス協会の会長も務める東京ガスの広瀬会長は「高度成長期の増大する需要と、大気汚染など公害問題の深刻化に対応するために、熱量が高く、石炭や石油を使わないLNGが必要だった」と語る。


  • それから半世紀。日本のLNG消費量は世界最大となる年間8千万トンを超す。LNGは都市ガスにとどまらず、電力を支える主力エネルギー源に成長した。
    半世紀前にアラスカ産LNGの輸入代行業務を請け負った三菱商事は最初の輸送船到着から1カ月後、ブルネイでのLNGの生産事業への出資を決めた。「失敗すれば三菱商事が3つつぶれる」。当時の資本金を上回る巨額投資に、契約書にサインした藤野忠次郎社長の手は震えたという。
    米国ルイジアナ州で今月24日、キャメロンLNGプロジェクトが落成式を迎える。三菱商事が関与する12番目のLNG事業である。2020年には持ち分生産量が1200万トンとなり、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどメジャー(国際石油資本)に準じる地位だ。
    電力・ガス会社や商社だけでなく、液化プラントの建設や専用輸送船による輸送などLNGビジネス全体で日本企業の存在感は大きい。いち早くエネルギー転換の先頭に立った結果だ。
    だが、LNGの国内消費量は今後、減少に向かう一方、中国の輸入量は遠からず日本を抜くだろう。00年当時に11カ国だった導入国は40カ国を超えた。売り手や買い手が多様化し、関連ビジネスも競争が激しさを増している。
    日本の優位はいつまで続くのか。かぎは新たに導入する国々に日本の経験を伝授し、それを強みにすることだ。東京ガスはフィリピンでLNGの受け入れ基地の建設・運営計画を進める。三菱商事はバングラデシュやパキスタンで下流分野の需要掘り起こしに動く。「バリューチェーンの一歩先を粘り強く開拓する」(三菱商事の西沢淳常務執行役員)決意が、次の半世紀も欠かせない。

  • 企業の格下げ広がる 米フォード社債はジャンク債に
    超低金利で債務膨張、収益力に陰り
    2019/10/19 14:00

    膨らむ借金に加え、世界景気の先行き不透明感が台頭し企業業績が悪化。信用格付けの低下が目立ってきた
    世界で企業の格下げが増えている。超低金利を受けて債務が膨張する一方、収益力に陰りが出始めてきたためだ。利回りを求めるマネーが流れ込み、リスクが拡大する中でも起債の勢いは止まらない。格下げの現状を探った。
    【関連記事】 ひずみ広げる緩和ドミノ 危うい債務膨張
    「債務不履行の可能性がある企業債務は2021年に19兆ドルに上る可能性がある」。国際通貨基金(IMF)は16日に公表した「国際金融安定性報告書」でこう警鐘を鳴らした。
    金利低下などを背景に、企業は世界的に借金を膨らませてきた。国際金融協会(IIF)によると、世界の企業部門の債務は3月時点で約73兆ドル(7800兆円)に上る。リーマン・ショック直前の07年に比べほぼ倍増し、世界全体の国内総生産(GDP)の9割を超える水準だ。一方で、ここにきて世界景気の先行き不透明感が台頭してきたことなどで企業業績が悪化。企業の信用格付けの低下が目立ってきた。
    米格付け会社S&Pグローバル・レーティングによる、世界の社債発行企業の信用格付け変更を見ると、1~9月期の格下げ数は616件と3年ぶりに格上げ(497件)を上回った。



  • 地域別には、米国企業の格下げが目立つ。1~9月は格上げが223件と前年同期に比べ28%減った一方、格下げは387件と24%増加。格上げから格下げを引いた値はマイナス164と昨年同時期(マイナス2)から大きく悪化し、リーマン危機直後の09年以来10年ぶりの水準になった。
    象徴的なのは自動車大手のフォード・モーター。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが9月に、Baa3から投機的等級のBa1(ダブルBプラス相当)に引き下げた。引き下げは1段階だが、これでフォードの社債はいわゆるジャンク債になった。
    フォードは中国や欧州の失速で収益が悪化している(ケンタッキー州の工場)=ロイター
    背景にあるのは、米企業の財務の悪化だ。米企業債務は15兆ドルを超え、過去最高に積み上がっている。金利低下に加え、自己資本利益率(ROE)を高めるために借金を元手に自社株買いに踏み切るような企業が相次いだことも財務悪化に拍車をかけた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は「企業の債務は歴史的な高水準に達しており、リスクを注視している」と警戒する。
    BNPパリバ証券の中空麻奈市場調査本部長は「構造的な変化の渦中にあるセクターの格下げが目立つ」と指摘する。例えば、アマゾン・ドット・コムの攻勢にさらされる小売業。S&Pグローバルが8月に大手百貨店のJCペニーをトリプルCに格下げしたほか、カジュアル衣料大手のフォーエバー21など経営破綻する例も出始めた。自動運転や電動化といった「CASE」への対応や米中摩擦の影響で、自動車関連の格下げも目立つ。


  • 今後、注視したいポイントは何か。SMBC日興証券の下里裕吉クレジットマーケットアナリストは「米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数の『深度』と『50を下回る期間』に注意すべきだ」と指摘する。9月の同指数は47.8と、2カ月連続で好不況の分かれ目である50を下回った。下里氏は、同指数が45を下回るか50割れの期間が半年を超えると、デフォルトが増える可能性が高まるという。
    欧州でも英国の欧州連合(EU)離脱問題などに伴う景気減速の影響が出始めている。S&Pグローバルの1~9月の格付け状況をみるとまだ格上げが格下げを上回っているものの、その差は52件と、格下げが上回っていた16年以来の低水準になった。
    ニッセイ基礎研究所の徳島勝幸研究理事は「格下げの増加は世界の景気の停滞感を如実に示している」とする一方、各国の中央銀行の利下げなどによって「株式市場からは景気の現状が見えにくくなっている」と指摘する。
    (佐伯遼、竹内弘文、上海=張勇祥)
    [日経ヴェリタス 2019年10月20日号から抜粋]
    h
    ttps://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO5118101019102019K11001&dc=1&ng=DGXMZO51181740Z11C19A0000000&z=20191019

    北ガス:日本格付け2社 A+ 超優良企業
    S&P POORSでは シングルAに相当
    関電:日本 B+ 無担保社債発行出来ない

  • 香港株、強まる割安感 米人権法案 採決に注目
    824文字
    [有料会員限定]
    今週の香港株は下値を探る展開か。中国本土株と比べて割安感が強まっており、中国企業に限れば大規模デモの影響は限定的との声が根強い。ただ、アジアの貿易・金融拠点として世界経済や中国経済の影響を受けやすく、下押し圧力も残っている。
    香港のハンセン指数の年初来上昇率は3.9%と、米ダウ工業株30種平均の15%や日経平均株価の12%に比べて大きく見劣りする。米中貿易戦争に加えて、4カ月以上続くデモが心理的な下押し圧力になっている。
    地下鉄運営の香港鉄路(MTR)やキャセイパシフィック航空を傘下に持つスワイヤパシフィックの株価はデモが始まる前に比べて1~2割ほど下落した。いずれもハンセン指数の構成銘柄で、デモによる業績への懸念が強い。
    もっとも、香港取引所に上場する約2300社のうち半分は中国企業で、中国企業が時価総額に占める割合は7割近くに達する。上海総合指数は景気対策や米中合意への期待から年初来19%上昇しており、香港株は売られすぎとの見方も根強い。
    中国本土と香港に重複上場する銘柄の価格差を映す「ハンセン中国AHプレミアム指数」は足元で130程度。香港株は本土株より3割ほど割安な計算となる。AHプレミアム指数は1月の110台からじりじり上昇しており、割安感は強まっている。
    凱基証券のアナリスト、陳楽怡氏は米下院が可決した「香港人権・民主主義法案」に注目する。米政府に香港の政治状況の検証を義務付ける内容で、貿易やビザに関する優遇措置の見直しにつながる可能性がある。陳氏は「法案が成立すれば米中貿易協議にも影響する」と話す。上院の採決やトランプ大統領の判断が焦点だ。
    香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は施政方針演説で住宅政策に力を入れる考えを示し、不動産株が上昇した。ただ「住宅不足の問題がすぐに解決するとは言いがたい」(バンクオブアメリカ・メリルリンチ)との受け止めが多く、デモ自体の収束は見通せない状況が続く。
    (香港=木原雄士
    トランプがサインすると、$は 100円にちかずく

  • 米の天然ガス価格下落
    報復関税で対中輸出急減
    2019/8/29付
    日本経済新聞 夕刊
    791文字
    [有料会員限定
    米シェール企業は欧州や日本などへの輸出拡大を図るが、ロシアや中東勢との競合が激しく欧州やアジアの天然ガス相場は前年比で5割以上下がっている。米LNG大手のシェニエール・エナジーは大幅増産で19年4~6月の売上高が49%増加したが、相場の下落で1億1400万ドル(120億円)の最終赤字となった。
    米シェール企業は欧州や日本などへの輸出拡大を図るが、ロシアや中東勢との競合が激しく欧州やアジアの天然ガス相場は前年比で5割以上下がっている。米LNG大手のシェニエール・エナジーは大幅増産で19年4~6月の売上高が49%増加したが、相場の下落で1億1400万ドル(120億円)の最終赤字となった。米シェール企業は欧州や日本などへの輸出拡大を図るが、ロシアや中東勢との競合が激しく欧州やアジアの天然ガス相場は前年比で5割以上下がっている。米LNG大手のシェニエール・エナジーは大幅増産で19年4~6月の売上高が49%増加したが、相場の下落で1億1400万ドル(120億円)の最終赤字となった。
    ホルムズ緊張、LNGにも影響
    海峡通過は14%でも… 原油連動の価格があだに
    1455文字
    [有料会員限定]
    h
    ttps://www.nikkei.com/paper/image-article/?R_FLG=0&ad=DSKKZO5094744012102019EA1000&dc=10&ng=DGKKZO50947460S9A011C1EA1000&z=20191013
    東ガスは米国のシェールガスからつくるLNGの輸入も18年に始めたが、米国産も原油価格に左右されにくい米国ガス価格の指標を使っている。原油に連動しないLNGを購入するため、LNG船1隻ごとに相対で売買する「スポット取引」も増やす。東ガスの調達に占めるスポット比率は1、2割だったとみられるが、中長期的に3割まで高めようとしている。北ガス
    東ガスグループに属し スッポト契約 65% 何よりサハリン2が大きい
    2日間でLNG 石狩新港へ 北ガスの今期のEPS:200円超える見込み

  • >>943

    大幅な円高になる。N225さげると投げが出る。広いとき

    国民投票でも総選挙でも大幅な円高:
    問題は生鮮食品

    EUの冬季の野菜、果物は スペイン、ポルトガルから移入だが 数量が知れている

    じゃ何処から:スペイン領カナリア諸島 マルセーユで北緯:42度 札幌と
    同じ ポンド安の為 狂乱物価が予想される。生鮮野菜果物貯蔵が効かない
    英国が買えなくとも EU諸国がかう 英国は 貧乏だから夏のヴァカンス
    クロアチア 北欧、EU カナリア諸島 モロッコ沖に位置

  • >>944


    英議会、新EU離脱案の採決先送り
    英EU離脱 ヨーロッパ
    2019/10/19 22:53
    252文字

    英議会では、新しいEU離脱案の審議が白熱した(19日、ロンドン)=ロイター
    【ロンドン=佐野彰洋】英議会下院は19日、政府が欧州連合(EU)との間で合意した新たな離脱案を巡り、同日予定していた採決を先送りした。離脱に必要な関連法が成立するまで採決を留保するよう求める超党派議員の修正動議が可決されたためだ。31日の離脱実現を目指してきたジョンソン首相にEUへ離脱延期を要請するよう突き付けた格好だ。
    19日までに新離脱案の議会承認を得られなかったことで、ジョンソン氏には野党主導で9月に成立した法律に基づき、2020年1月末までの離脱期限延期をEUに19日中に要請する義務が生じる

    月曜大荒れ

  • きょうブレキジット決まる 否決だろう。12~3年前から
    シンセン起こし EU行きコンテナ 寄港は ロッテルダム、ハンブルグだけ
    英国など 相手にされていない 荷物がない 円高になる。
    円高 大歓迎

読み込みエラーが発生しました

再読み込み