ここから本文です

>>985

> 電力会社の電気料金設定には原燃料費調整制度があり、原油価格や為替変動に
> よる発電コストの変動は電気料に転嫁される(上げもあれば下げもある)
>
> しかしながら、これは個人等が使用する電気料の場合で、法人等が製造工場等で
> 大量に使用する電力は電力料として、規制の対象外で価格設定ができることに
> なっている。
> 従って原料費が下がった場合、個人の電気料は下げねばならないが、上記の企業
> 等の電力料は下げなくてもよいことになり、電力会社の増益要因となる。
>
> 個人が使用する電気量とは比べ物にならない位、製造工場が使用する電力量は多い
> と見ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先輩 ちょっとおかしいと思い早速電力会社へ確認

ショッカーさん:原燃料費調整制度の事でちょっと聞かせてね。
        でぇ 個人のみが適用ですか 法人は?
IR担当者「個人も企業も平等です」
という結果で個人も企業も商店も全て対象だそうだよぉ


ショッカーさん:太陽光買い取り制度もおちえてね ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
IR担当者「現在までに契約した価格は10年間変動なし」
2011年 2012年太陽光バブル組はもう直ぐ契約価格終了


ショッカーさん:株価が全く上がらない原因は?ぷっ
IR担当者「原因が全く分からない 分かれば対応したい」 
ショッカーさん なんじゃ 株主なめとるんか アッハハハ

北電は以前何度も電話したが 若手のボンボンしか対応無し
でぇ今回は中部電力へ・・・アッハハハ
愛想は流石2流企業よりええわぁ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ