ここから本文です

>>1017

> >それを認可したのは経産省じゃないの?
>
> 原発再稼働時の 送配電線の 空き容量がないと 言って
> 中小太陽光発電業者の接続拒否です・・・
> 自前のメガソーラーはしっかり接続されてますが
> 拒否を 経産省が 認可したのですか・・・?

インフラ事業ですよ、企業が勝手に拒否なんて出来ないでしょう。
FIT法案の中で例外処置として電力会社の買取拒否を認めている・・
しかし、それは物理的にどうしようもない時であり、買取拒否を回避する
努力を電力会社が行ってないことは問題である。
仰るように、送電網は空だらけで半分以上空いている。
電力会社の矛盾などは経産省の官僚は全て把握してますよ・・
というより、その矛盾は電力会社の利益と優位性を確保できるように国が政策を立案したことにより生じている。
総括原価方式の利益誘導や電源開発促進税で電気代から原発に資金提供・・
割高な託送料金で再エネの売上を抑えたり・・数えればキリがないほど
矛盾だらけの電力政策です・・
しかし、このシナリオは電気事業連合会のエリート官僚が考え、原発資金を一手に取り込んで各部署に配分している。表に現れない広告業界の電通のような存在。
或いは、予算を握っている財務省がカネの配分で圧力を掛けたり、方向性を誘導しているようなもの。。。