ここから本文です

今年の第一四半期の最終益は40.07億円と昨年と比べて39%減少。
七尾太田火力所が11月に復旧予定だが再点検停止
あればその間、第二四半期第三四半期は大赤字とみて
期末の黒字化は難しいと思うのだが、
第一四半期の決算短信には黒字化の数値出てる様に
見えるし、どうなんだろう。

火力発電所の数も発電量も点検補修の停止期間引くと
カツカツで、想定外の事今までおきてない?

富山新港火力発電所の増強、
新姫川第六発電所の運転開始(2022年4月)までの間
金回りで社員も株主も辛い思いするのは困るわ。