IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

関電会長ら辞任 経産相「事案の重大性を鑑み判断」 業界共通でないと強調
2019.10.10 01:25 産経ビジネス

関西電力の金品受領問題で、同社の八木誠会長と岩根茂樹社長が辞任を決めたことに関し、菅原一秀経済産業相は9日、記者団の取材に、「事案の重大性を鑑(かんが)みて自ら判断したと受け止めている」と述べた。

今回の事案は、関電独自のコンプライアンス(法令順守)問題であり、電力業界に共通するような問題ではないことを、電力業界の監督官庁である経産省では示す姿勢だ。