ここから本文です
1186

wtp***** 強く売りたい 2015年7月28日 22:33


フクイチ事故で死亡者ゼロって言えますか?



東京電力福島第一原子力発電所の事故で避難を余儀なくされた福島県川俣町の女性が自殺したのは、
「避難生活が続いてうつ病になり将来を悲観したのが原因だ」として、女性の遺族が東京電力に
損害賠償を求めた裁判で、福島地方裁判所は遺族の訴えを認めて賠償を命じる判決を言い渡しました。
東京電力によりますと、原発事故が原因だとして自殺した人の遺族が訴えた裁判で、賠償を命じる判決が
出たのは初めてだということです。

福島県川俣町の渡邉はま子さん(当時58)は、原発事故によって住んでいた山木屋地区が計画的避難区域に
指定されたため避難生活を余儀なくされました。
そして、一時帰宅をした平成23年7月、ガソリンなどをかけた体に火をつけて自殺しました。
渡邉さんの夫と3人の子どもは、「避難生活が続いてうつ病になり将来を悲観したのが原因だ」として、
東京電力に対して慰謝料など9000万円余りを支払うよう求めていました。
26日の判決で福島地方裁判所は、遺族の訴えを認め、東京電力に賠償を命じる判決を言い渡しました