IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

質量保存の法則と言っていいかわからないが、
二酸化炭素が空気中に増えれば、
木や化石燃料などなど様々なものが酸化して、
水と二酸化炭素になったということ。
温暖化はすでに始まり、
科学者の間では、もう手遅れと言われている。
経済成長にはGDPの増加が必須だが、
これに伴い二酸化炭素の排出は、
必ず増える。
排出量で圧倒的に多いものが火力発電。
減らすには、自然エネルギーがいいと、
言う人が大多数だが、
太陽光は安定しないし、
冬は発電量が少なすぎる。
風力はメンテナンスコストが高く、
商売としてはまだ成り立たないレベル。
原子力の事故は確かに悲惨な出来事。
でも今の危機的状況に最短で対応できるものは、原子力しかない。
それか原始人のような生活に戻ること。
たまに、人間は地球に駆除されているのかと思うことがある。
完全に駆除される前に、地球と共存できるようになればいいのだが・・・