ここから本文です

>>996

国民に誤解させるように煽ったのは、この件を国会で最初に取り上げた蓮舫や、それを面白おかしく報道しているマスコミでしょうね。

本当に自分の老後が心配ならば、他人がどんな暮らしをしているかなんていう意味のないことを気にするのではなく、自分がどんな暮らしをしたいのか、そのためにはどの程度の蓄えが必要なのかをしっかりと考えればいいと思いますね。

その手のアドバイスをしてくれるフィナンシャルプランナーなんていう人もいるのだから、活用してみてもいいのかもしれません。

私は以前、セカンドライフプラン設計に関する会社の研修を受けたことがありますが、その中でニッセイの講師は「皆さんの今の生活水準を保ちたければ3億円必要」と言ってました。参加者たちは蔭で、「あの講師、うちの社員の生活水準をどう想像してるんだろう…」と不思議がってましたけどね。 でもまあ、金あって困るものではないし、それを目指すのも在りかと思って日々努力するキッカケにはなりました。

今回のレポートも、これまで貯蓄なんて考えていなかった人にその大切さを考えさせるキッカケになったのだとしたら、この騒動も無駄ではないのかもしれませんね。