ここから本文です

柏崎刈羽が全部稼働しないと、東電株以前に、国民生活へ深刻な影響が出る
1年半前の経産省試算では、福島廃炉・賠償費用の東電負担は15.9兆円
今のペースでは経産省の言う30年完済なんて不可能
国民負担になれば世帯あたり数十万円の負担となり、消費にも甚大な被害となるだろう

柏崎刈羽が全部稼働して、ようやく費用支払いの見通しが立つ
7基の純益は年5000億とも8000億とも言われるからだ

言い換えれば、原発が動かなければ、東電は普通の会社だとは言えない
負担を国民に押し付けて非難を浴びながら、営業も振るわず、業績もパッとしない、かつての国鉄未満の存在であり続ける
原発が動いて初めて、スタートラインに立つのだ