ここから本文です

>>1060

ラッキーでしたね。

バブルの上昇期に社宅の年限が来て遠方にでも家を買ったが、数年後に勤め先の事業所が閉鎖。
残債抱えて新しい土地に落ち着いたひと、辞表出して慣れ親しんだ故郷にこだわったひと。そんなのも沢山見ました。